東園

信州産のりんご、ぶどう、プルーンを農家直送|東園

トップページ»  東園紹介»  直売所

東園の畑や直売所のご紹介です

 りんご直売所

東園直売所外観

東園直売所内観

東園の直売所は、長野市の北の玄関口、豊野町の国道18号線<アップルライン>沿いにあります。
りんごを栽培している〔小日向山〕は、直売所の目の前です。
営業期間は、9月中旬から12月まで。(1月から3月は、お越しの際はお電話でご連絡ください。)
営業時間は、朝9時から夕方5時頃まで。 
(自宅が直売所の裏にあります。もしシャッターが閉まっていても、裏にまわってチャイムを押してみてください・・・。)
店には旬のりんごの他に、りんごジュース・りんごジャム・巨峰・プル-ンなどが並びます。

りんご畑

東園りんご園イメージ1

東園りんご園イメージ2

東園のりんご畑は、『小日向山(おびなたやま)』という豊野町の北側にある山の南斜面にあります。 
ここは、りんごがおいしくなる3つの条件が揃っているところです。    

その1.【気候が最適】
雨が少なく、朝晩と昼の寒暖の差が大きいので、色づきもよく、歯ざわりのよいりんごになります。
その2.【地質が最適】
粘土質で土が硬く、水はけもよいので、シャキッとした歯ざわりのよいりんごになります。
その3.【南斜面にある】
日当たりがよく日照時間が長いので、太陽の光をたくさんうけて、糖度も高くなります。  

りんご作りに最適な条件が揃っているのと、樹上で完熟させてから収穫するので、濃厚なおいしいりんごができるのです。